犬に多い病気とは

動物病院

早期発見早期治療が大切

ペットがかかる病気で多いのが皮膚病です。特に犬の場合は皮膚病にかかる割合が高くなっています。皮膚が赤くなっていたり毛が抜けやすかったり、体を床に擦りつけるような仕草をしているときは要注意です。ペットは言葉で伝えることができないため人間が特に気をつけなくてはなりません。犬の皮膚病は常駐菌という常に皮膚にいる細菌が原因で起きる場合があります。常駐菌は普段は皮膚になんの影響も及ぼしません。しかし栄養不足や病気、怪我などが原因で皮膚病を発症する場合があります。皮膚病は皮膚が乾燥する場合と脂性になる場合があり、乾燥肌になるとかゆみがひどくなりフケが出やすくなります。脂性は皮脂の分泌が過剰になり皮膚がベタつきニオイもきつくなります。これらの場合はドッグフードやシャンプーを変えたり抗生物質を飲ませることで完治します。またノミやダニがペットに皮膚病を引き起こす場合もあります。これらの寄生虫は人間にまで影響を及ぼすので駆除剤で早期に退治することが必要です。ペットの皮膚病は食べ物などのアレルギーなどから発症することもあります。小麦や肉、卵などが影響する場合が多くなっています。また体質に合わないドッグフードが原因になることもあります。この場合はどんな食べ物がペットにあわないか見極めることが重要です。ペットに皮膚病が見つかったら直ぐに動物病院で診察してもらいましょう。早期発見、早期治療が完治には最も大切です。ペット保険サービスに加入していれば治療費の負担を減らせます。

心配な旅行中の動物の世話

飼い主とペット

成田空港周辺には、ペットを飼っている旅行者のことを考えてつくられた、ペットホテルが豊富にあります。ですから、そのまま空港でペットの引渡しや引き取りができます。また車と一緒に預けられるところもあります。ペットホテルはドッグランや室内運動場など設備が整っており動物は快適に過ごせます。事前に見学して最適なところを見つけておきましょう。

人気なチワワはどんな犬か

ドッグ

日本で人気の小型犬であるチワワは、可愛らしい容貌ですが割と強気なので本質的な寂しがり屋ではないようです。また、甘やかすとワガママで問題が多くなってしまうのでしつけは幼い頃から適切に行いましょう。人気犬種のため入手に困難はないのですが、毛色が豊富なので色々なショップで見てみることをおすすめします。